橘麗美の引退理由は枕営業・接待を強要されたこと?ブログ記事で衝撃発言!

Pocket

橘麗美の引退理由は枕営業?

母親はスペイン人でハーフの橘麗美さん。

ハーフの人はイケメンか美人と言われる人が多いですが、その例に漏れず彼女も非常に美人なのが画像からも分かります。

全国女子高生制服コレクション」で準グランプリを取ったこともあるなど、非常に将来を期待されていた彼女ですが、芸能界デビューをした後は嫌な思いを多くしたようです。

その中でも特に彼女にとって屈辱だったのは枕営業の強要でした。

現在は芸能界を引退してキャバクラ嬢として活躍されているようですが、彼女が経験した芸能界での嫌な事とはいったい何だったのでしょうか?

問題のブログ記事と引退理由

ファンや仕事相手の皆さんに迷惑をかけてしまうことは重々分かっていました。しかし、デビューして以来、私が受けたイヤなことをいくつも思い出してしまって、どうしても芸能界という世界に我慢できなくなったんです。

彼女の引退発表は非常に唐突だったので、いったい何があったのかと心配されていました。

ファンや仕事相手に迷惑をかけてしまうことが分かっていたにも関わらず、それでも引退を決意したのはよっぽどの理由があったんですね。

彼女の叫びは続いていきます。

私はもともと歌手になりたくて、この世界に入ってきました。
ある大手プロダクションのアーティスト養成スクールに通いながら、いつかデビューしたいという思いを持っていたんです。

そんな時、知り合いになったのが、最初に所属した芸能プロダクションの社長です。『アーティストとしてすぐにデビューするのは難しいから、まずグラビアで顔と名前を売った方がいい』と言われ、私はその事務所に所属することになりました。

もともと歌手になりたくて芸能界という恐ろしい世界に飛び込んだみたいです。

自分自身でも歌が上手でないかつ素敵な曲を作るような才能がないことも分かっていたので、まずは芸能界で名前を知ってもらおうとしたようですね。

そんな彼女はグラビアアイドルについてどのように感じていたのか…

でも本当はグラビアがイヤで仕方なかったんです。
スタイルに自信もなかったし、家族に認めてもらえなかったのも辛かった。

家族全員からグラビアアイドルの仕事を反対されていたようです。

母親は水着を着てメディアに露出することに反対で、その当時高校生だったは姉の仕事が原因で学校でいじめを受けていました。

これだけだったら「自分の夢のため」と彼女も我慢できたようですが、段々と芸能界の恐ろしい世界に巻き込まれていきます。

たびたび枕の接待を強要される

本当にイヤだったのは、仕事のために、『TV局や大手広告代理店のエラい人と寝てこい!』などと度々、“接待”を強要されたことです。

やはり彼女も最も嫌だったのは枕営業を強要されたことみたいです。

この内容について彼女はより詳しく語っています。

まず社長を含めた3人で食事をします。
その日は、相手の顔を覚えさせられるだけで終わり。

でも、別の日に社長が『先方が会いたがっている。何を求められるか分かってるよな?誘われたら断るなよ!』と言ってきて、先方が待っているレストランなどの前まで、クルマで送られるんです。

凄く具体的ですよね

まずは顔合わせだけで、相手が女の子を気に入ったら後日個別に呼び出しを受けて枕営業を強要され、事務所の社長も枕を売れるための手段として積極的に推奨している。

彼女は結局枕営業が怖くて何度も逃げ帰ってしまったようです。

そのことが事務所の社長にばれてしまうと

『もう仕事なんてねえぞ』、『売れなきゃAVだ』
『俺のバックにどういうヤツラがいるのか分かってんのか!』

と凄まれたようです。

やはり、この発言からも芸能界の裏には暴力団やヤクザがいるということが分かります。

結局この事務所から移籍したようですが、移籍先でも同じような扱いを受け追い詰められた結果が引退に繋がったようです。

元事務所の社長は、

「私が彼女を“エラい人”のところに連れて行ったことなどありません。
タレントに対して、時には厳しく説教することはあっても『売れなきゃAVだ』
などと言うわけがない。

と否定していますが、それは当然ですよね(笑)

彼女の話がどこまで真実か分かりませんが、火のない所に煙は立たぬと言いますし、芸能界が恐ろしい世界であることは間違いないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする