眞鍋かをりの枕営業の相手は元事務所の社長の牧野昌哉?逮捕された理由!

Pocket

眞鍋かをりの枕の相手は?

女優やアイドルの中では枕営業の話が途絶えませんが、眞鍋かをりさんにもその手の噂が途絶えることがありません。

眞鍋かをりさんの枕営業の噂と言えば色々な相手が取り沙汰されていますが、まず有名なのは事務所の相手みたいなんです( `ー´)ノ

その事務所は「アバンギャルド」という事務所であり、有名な芸能人と言えば、重盛さと美さんとか小倉優子さんなどがいますよね!

事務所の関係者と枕営業をしているとの噂がなぜ広まったのかと言いますと…

なんと眞鍋かをりさん自身が事務所で枕営業が流行っていると暴露したみたいなんです。

事務所で枕営業が流行っていることを暴露するなんて凄いですよね(笑)

どんな内容を暴露したのかと言いますと…

・所属事務所である「アバンギャルド」の牧野社長と性的関係になっているタレントはどんどん色々な番組に出演できること

・牧野社長自身が脱税して気に入った女の子に小遣いを上げていた

などなど恐ろしい話ばっかりです(笑)

そんな社長ですが、やりすぎてしまったらしくその後脱税で逮捕されてしまいます。

「アバンギャルド」元社長牧野昌哉が逮捕

この「アバンギャルド」の社長ですが、脱税容疑でその後逮捕されています。

2009年に逮捕されましたが、その時の脱税の金額にはびっくりすると思いますよ!

牧野容疑者は平成15年から18年までの3年間だけで約11億5000万円の所得を隠し、法人税約3億4000万円を脱税したと見ている。

約4億円もの脱税を行っていました。

この脱税したお金を使って気に入った女の子に小遣いをあげていたのでしょうか…

脱税の手法についても詳しく解説していきます。

牧野容疑者は「アバンギャルド」とまったく同一の住所に、実父の牧野親二氏を代表にしたもう1つの芸能プロダクション「マテック」を作り、眞鍋かをりさんや小倉優子さんら所属タレントが2つの事務所に重複登録しているように装い、写真集などを出版する際には撮影協力費などの名目で架空経費を計上して二重の請求を行なったり、社員が出張した際の旅費を水増しさせたりしていた。

やることが凄いですよね(笑)

実父の牧野親二さんを代表にした会社を作って、相互協力という形をとり経費を二重に計上するという方法をとっていたようです。

さらに驚きの脱税方法もありますよ。

また決算期が近づくと、眞鍋かをりさんや小倉優子さんら所属タレントを「アバンギャルド」に名前を似せて作った「アヴァンギャルド」という架空の芸能プロダクションへ移籍させたことにして、移籍金や業務委託費などを不正計上していた。

アバンギャルド」という芸能プロダクションから「アヴァンギャルド」という芸能プロダクションに移籍させるという名目を取っていたようです。

こんなの誰が見ても怪しいと思うでしょうが、牧野昌哉さんはおかしいと思わなかったんでしょうか…

こんなことをやっている事務所ですが、所属するタレントには結構独特の決まり事を守らせているらしく、特に驚いたのが、「特定の相手と関係を持ち妊娠しても必ず中絶をしなさい」という決まり事です。

参議院選挙と事務所との裁判

眞鍋かをりさん自身は牧野昌哉元社長と枕の関係にあったのかどうかは不明ですが、彼女自身にも枕営業をしたスクープが取り沙汰されました。

一時期参議院選挙に出馬するのではないかと言われていましたが、その際に流出していたのがこちらの画像ですね。

相手は地元の有力者ではないか…という話もありました。

2010年、眞鍋は旧所属事務所アヴィラとの契約の有無をめぐる裁判を起こす。眞鍋は契約無効を求めたが、アヴィラは3億円の損害賠償請求をするなど裁判は泥沼化した。

結局この裁判自体は2年に及びましたが、最終的には事務所と和解することになりました。

この裁判で、上述した「社長と寝ると売れる」とか「妊娠したら中絶する」などの話をマネージャ-から聞いたという意見書を提出していました。

やはり芸能界には枕営業の話が途絶えませんね…

裁判で枕営業の実態を証言?詳細な記事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする