情報の抜き取りについての基本的な考え方

Pocket

いつも記事作成に従事していただきありがとうございます。

今回は、記事を作成する上で最も大切な情報の抜き取りについて解説させて頂こうと思います。

記事を作成する上で最も大切なことになりますので、是非ご一読頂ければ幸いです。

記事作成をする上で、入れるべきか悩んだ情報が結構あるかと思います。

自身が作成した記事と完成版とで情報量が違っていて、「なぜその情報を入れたのか?」と思うこともありますよね。

では具体的にどういった情報を抜き出すのか…という点に具体的に触れたいと思います。

さて、私の方から以下のキーワードをお渡ししたとします。

酒井法子 息子

酒井法子 息子 現在

酒井法子 息子 大学

酒井法子 息子 学校

酒井法子 息子 高校

酒井法子 息子 中学

酒井法子 息子 名前

酒井法子 息子 駒込学園

まずこのキーワードを見て思っていただきたいのは、「酒井法子の息子」についての情報を抜き出すという事です。

それを踏まえてどのようなキーワード(検索する人がどんな内容を知りたいのか)ということを考えて情報を纏めていきます。

例えば、「酒井法子 息子 大学」では酒井法子さんの息子の大学について知りたいというニーズ(悩み)があるので、それを見出しにして「酒井法子さんの息子の大学は○○です」という風に回答を作るということになります。

勿論、それだけだとエンタメ記事としてつまらない(基本的に読者は回答が知りたいと思っていると同時に面白い記事を読みたいと思っている)ので、どうして大学が○○なのか?とかどうしてわかったのか?という情報を肉付けしていくことになります。

もし回答が知りたいだけなら、どのキーワードでもwikiが一番検索キーワードの一番上にきますが、現実にそうなっていないので、その辺りは皆さんもご理解いただけるかと思います。

この辺りは、応用力が試されますよね。

これが基本になりますね。

ここまではある程度の方が出来ています。

この次の発展形が中々難しいんですよね…

先ほどの「酒井法子 息子 大学」というキーワードですが、読者がどのような気持ちで検索しているのかを想像する必要があります。

最も簡単に想定されるが「酒井法子さんの息子がどこの大学に通っているのか知りたい」という悩みです。

なので、先ほどもお伝えしたように「酒井法子さんの息子の大学は○○です」と回答を作り、そこに「なぜ○○なのか」といった情報を付け足していきます。

次に浮かぶのは「酒井法子さんの息子の大学生活」などについても読者は知りたいのでは?と想像できますよね。

なのでこの情報も付け足していきます。

さらには、「酒井法子さんの息子の大学」について知りたい人はもしかしたら「酒井法子さんの息子の高校」とか「酒井法子さんの息子の中学」とかも知りたいのかもしれません。

このように「酒井法子 息子 大学」にも読者が知りたい内容は「大学名」だけではなく、「大学生活」とか「大学進学までの経緯」・はたまた「ほかの学校までの経緯」とかも知りたいのでは…と想像できますね。

まあこのように考えると際限がないので、どこまで抜き出すかについては「お渡ししたキーワードでヒットする最初の1ページ目に書かれている内容」までで大丈夫です。

「酒井法子 息子 大学」で検索した時に、もし大学以外の小学校や中学校・高校などの情報が含まれていたら、軽く触れる程度で構いませんので、その情報も抜き出していただければという事ですね。

この辺りの塩梅については、一緒に記事作成のお仕事をしていくなかで色々とお話させて頂きます。

さて、ここまではある程度納得できるかと思います。

では皆さんは「酒井法子 息子 大学」で検索した時に、「酒井法子さんの息子さんの活躍を見守る酒井法子さんの情報」…例えば、息子の大学祭の活躍を見守る酒井法子さんのエピソードが出てきたときに、情報として載せますか?

ここが結構意見の分かれるところになります…

しかし私は「載せていただきたい」とお願いしております。

何故かと言うと、「酒井法子 息子」と検索する人は「酒井法子」についても興味を持っていると確信しているからです。

酒井法子に興味が全くない人が、「酒井法子 息子」って検索するのは考えにくいですよね…

なので、「酒井法子 息子 大学」で検索した時のに1ページ目に「酒井法子さんが大学時代の息子さんを見守るエピソード」が出てきた場合は、載せるように考えております。

以上、一口に「酒井法子 息子 大学」といっても簡単に「酒井法子の息子の大学」だけ書けばいいという訳ではないと分かっていただけたかと思います。

今回は、少し難しい内容をお話させていただきました。

ご不明な点等ございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

引き続きよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする