西村博之:ひろゆきは現在パリ在住?総資産が20憶円で年収がヤバい!

Pocket

『人生イージーモード』に突入していると言っても過言ではない西村博之さんですが、現在も様々な分野で挑戦をし続けているようです。

今回は、西村博之(ひろゆき)さんの現在の様子や資産・年収などについて詳しく探っていきたいと思います!

ひろゆきは現在実業家として活躍中

日本のインターネット文化の「基盤」を築いてきたことで有名な西村博之さん。

そんな西村博之さんは現在実業家に転身して、いくつかの会社の代表取締役や編集長等に就任していることが明らかになったのです!

「匿名掲示板」「2チャンネル」開設者である西村博之さんの現在は実業家に転身して以降、いくつかの会社の代表取締役とヴァラエティ・ジャパンの編集長に就任しています。

—東京プラス株式会社(設立:2002年9月5日)

・代表取締役 西村博之

・取締役 上田浩

・取締役 竹中直純

・監査役 東條剛史

西村博之が作った東京都北区のネット関連会社。

2chを商売にするときの窓口となっている。

SNSアカウント運用支援サービスであるホットリンク社に2chのデータを提供し、2chの広告収入は東京プラスを通って西村に渡っている。

—有限会社未来検索ブラジル(設立:2003年4月10日)

・代表取締役 西村博之

・竹中直純(取締役、初代代表取締役)

事業内容は検索エンジン開発、インターネット向けコンテンツ配信、動画サイトの監視業務他。

—ヴァラエティ・ジャパン

第1次『バラエティ・ジャパン』発行人であったクリエイティブアーティスツ代表の平沢真一と、2ちゃんねる開設者・元管理人の西村博之が共同で編集長を務める。

事業内容はハリウッドや日本のエンタテインメント情報を中心に、ニュース・コラムなどを掲載。

日米それぞれに編集部を置き、有名俳優や監督のインタビュー映像が配信されているほか、アメリカ版からの翻訳記事や世界各国の興行収入ランキングが中心であった。

第1次から第2次にかけては、キネマ旬報社の映画データベースなども掲載されていた。

日本の商品を扱うだけでなく、海外の商品も扱っているのですから、本当に事業の幅が広いですよね(笑)

更には結婚してお嫁さんもいるのですから、益々充実していそうです。

さて、そんな現在の西村博之(ひろゆき)さんですが、なんとパリに移住したようなんです!

一体どうしてパリに移住したのでしょうか?

ひろゆきがパリに移住した理由

さらに西村博之さんの『現在』について調べていくと、日本ではなくパリに在住していることも分かったのです。

西村博之さんが日本ではなく、パリへの移住を決めた理由は合理的な性格にあったのです。

『なぜ日本人が一見有用に見える中国語を学ぶ必要がないのか?』

『その理由は非常にシンプルだ。』

『「日本語が話せる中国人を雇う方が早くて安上がりだから」』

『日本にいても感じることだが実際日本語を扱える中国人は多く、彼らは日本語学習熱が非常に高い。』

『中国方面で何かをやろうとするならば彼らを雇ったほうが自分が習得するより早いのだ。』

『これと似た理論で言えば英語圏の人がスペイン語を勉強してもそれほどメリットがないのである。』

『なぜならば、アメリカ国内にメキシコ人が多く彼らを雇ったほうが安上がりだかららしい。』

『つまり「自分が学んで得する言語とそうでない言語」は明確に存在し、自国より人口が多く経済水準が高くない国の言語をそこまで熱心に勉強するメリットは大きくないのだ。』

西村博之さんはフランス・パリの雰囲気に憧れがあったわけではなく、今後の社会で習得して得する言語としてフランス語が最も有効と考えた結果でした。

日本では英語の教育が進んで英会話ができる若い世代が増えて留学生の急増と合わせてグローバル化が進んでいます。

しかし、第二外国語として選ばれるドイツ語・フランス語・中国語・韓国語などの普及率はまだまだ少ないのが現状です。

こうした理由からも、フランス語を現地で身につければ今後の日本社会においてその希少性からメリットが大きい可能性があります。

また、フランスは世界に多くの植民地支配をしていた国であることから、それらの後進国でも通じるというメリットもあります。

そしてフランスは日本と同等かそれ以上の生活水準で過ごせる国であり、唯一治安の面を除けば移住先としてはメリットの大きい国だと言えるでしょう。

やはり、移住に関しても自身のスキルを上げるための一環でもあるのですね!!

無勉強でパリに移住していた!

さらにフランスに渡るにあたって語学の勉強も全くせずに、無知のまま飛び込んだことも明らかになっています。

西村博之さんはフランス・パリに引っ越すまでにフランス語を全く勉強しなかったと語っています。

その理由は、現地に行けば何とかなるというアメリカ留学時の体験に加え、困難な状況を克服していくことが好きだという性格にもよるようです。

西村博之さんは初めてフランスに入った時に居住先にインターネット回線を引くためにプロバイダーを訪ねたそうですが、辞書を片手に何とか通じて契約することができたと語っています。

思い立ったが吉日タイプなのですね(笑)

さらに海外移住をした西村博之さんは、過去の海外移住での困難な状況の詳細についても語っていました!!

ひろゆきさんはそもそも2チャンネルの創設者だし、テレビにも何度もでていて人脈もたくさんあるので日本に住んでいると楽なことが多い。

これを彼は、”イージーモード”と言っています。

『天皇になりたい!ということ以外はほとんどできる。』と思っているひろゆきさん。

これって一度富を持ってしまった人だけにしかわからない感覚だと思うのですが、日本にいるとすべてができてしまうのでつまらないという風に語るひろゆきさん。

ひろゆきさんが20歳の時に比べると、今は本当に何でもできてしまうと感じているそうなのだ。

つまり、ひろゆきは日本で信用を勝ち取ってしまった。

つまり、普通の20代よりもたとえば三菱商事で部長をやっている人と比べると成功する確率は全然違うということも語っている。

けれどもこれが海外に行くと全然違うのだ。

ラトビアによく行くひろゆきは、ラトビアの住民権を持っているそうです。

住民権の更新に1年に一度行かなければならなく、ひろゆきがたとえ英語を話せても相手のラトビア人は英語が話せない人が多い場合もあって、そういうときの書類記入などに結構苦労するのだそう。

「日本人でも欧州連合エストニア共和国の居住者になれる!」

ラトビアの病院に行ってレントゲンを撮りに行ったりそういう面倒くさい手続きを街中で聞いても、ロシア語が書いてあったり、そういう日本ではできない苦労が海外に行くことでできる。

そういうものをひろゆきは楽しんでいるんだそうです。

だからそういう達成感が楽しくてフランスに移住したのだそうです。

話はもどって人はイージーモードに入ると、努力をしなくなる。

たとえば、会社に守ってもらっている限り何も危機感を感じなくなるのはこのためだ。

俺には、私には明日も仕事がある。そう思って明日に引き延ばす。

そう考えてしまうことで自分の将来の夢から遠ざかっていく人も多いと思う。

困難と息抜きの両立こそが、成功への鍵という事でしょうか?

クロちゃん
成功する人ってやっぱり凄い!

パリの住所が判明したって本当?

西村博之(ひろゆき)さんは現在パリに住んでいますが、その住所が判明したとの噂がネット上で流れています。

「まさか…」と思って調べてみたのですが、やはりガセネタでした(笑)

西村博之(ひろゆき)さんのパリの住所については謎のままです!

ひろゆきの年収や資産は20憶円!?

現在は実業家に転身し、フランス・パリに移住していたことが明らかになった「ひろゆき」こと西村博之さん。

そんな西村博之さんが『現在』の年収や資産について、2017年5月に放送された某バラエティ番組に出演して語っていたことが明らかになったのです!!

ひろゆきの現在の収入は2億円。

2009年から2011年までに2chからの広告収入として獲得していた金額は、3億5000万円程あったと言われています。

ひろゆきの父親は国税局に勤めている人なので、ひろゆき自身が税金に対する対策にとても詳しいんだと思います。

ひろゆきは総資産20億円以上は持っていると言われているようです。

やはり実業家としての才能もあるという事ですね!!

さらに西村博之さんは同月13日のトーク番組「エゴサーチTV」内で、自身の生活感に関してや過去の収入などについても語っていたことが判明したのです。

2ちゃんねる創設者の“ひろゆき”こと西村博之氏が、2017年5月13日に放送されたトーク番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)に出演した自身の年収について語った。

「エゴサーチTV」は自身の名前などを検索する“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらネットで出てきた情報や噂などについて語っていく1時間のトークバラエティ番組。

番組ではこの日、スタッフが拾った検索ワードの中に「ひろゆき 3万円」の文字を発見。

詳しく検索をかけると、「ひろゆき氏、『生活費は3万円で十分です』」というタイトルの記事がヒットした。

この発言について西村氏は、

「家賃を除くと、僕本当にお金がかからないんですよ。外食も好きじゃないからしないし。ただ誰かのおごりだったら絶対行きます」と説明。

「西野さんもおごってくれるなら行きます。」

「お寿司が好きです」とアピールし、笑いを誘った。

西野が西村氏に過去の最高年収を尋ねると「サラリーマンの生涯賃金くらい」だと答えた。

その当時はちょうど2ちゃんねるで生まれたラブストーリー「電車男」がメディア化された時期で、ほぼ何もせず大金を手にしたと話す。

「普通は一社に絞るが、あえて多数の会社とメディア化契約を結ぶことでより大きな話題にするなどの経営戦略は立てていた」と説明した。

“過去の最高年収=サラリーマンの生涯賃金”の事実に、西野は「すげぇなぁ………」と大きな衝撃を受けていた。

現在3億5千万の年収である西村博之さんの生活が地味なのは驚きですよね(笑)

さらに西村博之さんは同年6月15日の某雑誌のインタビューで、ある一部の預貯金額についても答えていたことが分かったのです!!

記者:となると、今の収入源は?

西村:データを使う権利をホットリンクという会社に契約していて、そこから収入を得ています。

記者:結構な額なの?

西村:まあ、結構というほどでもないですけど、そこそこです。

経営者のそこそこは、かなりの額だと思います(笑)

さらに、同雑誌のインタビュー内で海外への住民許可証を得るために銀行に預けた金額を聞かれた際には・・・

西村:今なら110円から120円ぐらいですから、( 20万ユーロは )2,000万円は越えますね。

でも僕が定期預金を作った時の利息は4%でしたからね。

と2000万円を超える額を、簡単に定期預金に預けたことを語っていたそうなのです!!

我々とは次元が違います(笑)

ホリエモンの年収&資産と比較

因みに実業家として現在も活躍されている「ホリエモン」こと堀江貴文さんの年収や資産も、億単位を有と越えていることで有名ですよね!!

気になるホリエモンの現在の年収や総資産についてです!

まず、出所後から現在まで堀江貴文さんはどのようなビジネスを行ってきたのか確認しましょう。

彼が一番最初に取り組んでいたWEBページ制作サービス業である、ライブドアは逮捕されている間に社長の席を譲っていたそうです。

とはいえ、やはりIT起業家の第一人者と言われたた堀江貴文氏です。

現在もインターネットにかかわる仕事をしておられました。

まず、最近有名になった「755」です。

スマホで使えるトークアプリの一種なのですが、これをサイバーエージェントと共に共同で企画。

AKB48を広告塔に使うなどのマーケティング手腕が非常に興味深く、また見事成功を果たしたビジネスモデルでした。

おそらく彼個人のメイン収入源となっている有料メルマガがあります。

値段を月800円に設定し、テレビ番組出演の際やYoutubeを使った広告費を極力抑えるマーケティングでどんどん購読者を増やしている模様です。

特にYoutube内での彼のチャンネル「ホリエモンチャンネル」の動画は「ビジネスの勉強に非常に良い!」と起業家たちの間でかなり話題になっています。

僕がやっているネットビジネス・アフィリエイトの世界ではもはやYoutubeを使った動画マーケティングは常識とされています。

元祖IT起業家らしいWebマーケティングを見せて付けてくれていますね!

チャンネル・メルマガ登録者もこれからどんどん増えていくでしょう。

さらにテレビ番組への出演が最近非常に目立っています。

自分のチャンネルの広告に使えますし、そこからメルマガ登録者も増やせるのでやはりテレビの力は絶大ですね!

自己のブランディングもきっちり行えるので、もしかしたら近々またでかい事業を本人が行うのかもしれません。

その他、宇宙事業や知り合いの起業家へのビジネスアドバイスなど幅広くビジネスを展開しており、正に起業家の代表者と呼べる様な活躍です!

このように堀江貴文さんは非常に多くのビジネスを展開していますので、正確な年収を把握する事は非常に困難です。

莫大な金額である、という事は予想できますがね。

まず、彼個人のメルマガ事業だけで相当です。

彼の読者数は1万5千人を超えているとされ、月に800円程度の値段です。

800×15000=1200万円。

月額で、です。

ここからバックエンド商品の収入も多数あるでしょうから、経費などを引いても年収1億円は余裕で超すはずです。

総資産についてはまず彼が力を入れている宇宙産業がキーになります。

宇宙ビジネスとは将来の宇宙旅行を視野に入れたものだそうで、その出資額は数千億円と言われています。

それだけの金額を出資できる時点でかなりの資産であることは間違いありませんし、逮捕以前の資産も残っているという説もあります。

恐らく、現在の総資産は5000億円くらいかと…

もはやイメージできない額であるという事は間違いありません。

人気実業家となれば、西村博之さんや堀江貴文さんのように我々の想像もできない額を軽く超えている年収や資産の世界になって来るという事です。

年収が約2憶円の西村博之(ひろゆき)さんと、1憶円は余裕で超すホリエモンさん。

どちらが多く稼いでいるのか分かりませんが、とても想像できない世界です(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする